MySQLさんと友達になりたい。

「ボールは友達。」なんて言いながら蹴飛ばしてますよね。

こんにちは。

ここしばらくは、ずっとPHP関連の事で戦っております。

PHPの勉強で必ず出てくるのが。

データベース。MySQL。

こいつがなかなか難しいのです。

今回はこのMySQLについて初歩の初歩から触れていこうと思います。

ローカル開発環境を作ろう②
サーバーが何かも、よくわかりませんでした。 前回の続きになります。 さて、実際にローカル...

↑PHPとデータベースの関係が、よくわからない方はこの記事を参考にしてみてください。

まずは

MySQLを起動 → 接続 → 現在のデータベースの状態を確かめる

ここまでやってみようと思います。

MySQLの起動

これは簡単です。XAMPPを起動させましょう。すると自動的にMySQLが立ち上がります。

ローカル開発環境を作ろう③
環境づくりはプログラムでも実生活でも大切ですね 前回の続きです。 いよいよ必要なものをイ...

↑XAMPPについてはこの記事を参考にしてください。

XAMPP環境じゃないよという人は、、、自分で調べて下さい。m(。。)m

http://mysqlweb.net/category/3974306-1.html

↑一応こちらのサイトを参考にして、[コントロール パネル\システムとセキュリティ\管理ツール\サービス]と探してみたのですが肝心のMySQLは見つかりませんでした。

接続

コマンドプロンプトを使います。基本的にMySQLはコマンドプロンプトで操作できます。

いままでコマンドプロンプトを触ったことがありませんでしたが、やってみると意外と簡単です。抵抗せずにいきましょう。

コマンドプロンプトを起動したら、「mysql -u root -p」と入力し、「Enterキー」を押します。

するとパスワードが聞かれます。

(実はこのパスワードを設定するのが、新しいXAMPPでは少々面倒だったのですが。こちらはいつかシンプルにまとめます。)

パスワードを入力し「Enterキー」を押すと、Welcomeメッセージが表示され、MySQLがコマンド入力待ち状態になります。
これでようやくMySQLが操作できる状態になります。

現在のデータベースの状況を調べる

MySQLのステータスを表示します。
「status」と入力し、「Enterキー」を押します。
すると、MySQLのバージョン、現在のユーザー、文字コード、ポート番号などが確認できます。

最後に

XAMPPのコントロールパネルからMySQLを切断しましょう。

お疲れ様でした。

実はですが、今回の方法よりも簡単に操作できるアプリケーションがあります。

後々、紹介していくつもりです。

次回以降もMySQLやPHPについて書いていこうと思います。

それでは。

聖。